双子の種類知っていますか

双子ニューボーンフォト
双子ニューボーンフォト
埼玉県さいたま市

双子ママさんは妊娠中からリスクも高く大変です。
切迫の確率も高いですし、管理入院となるママさんも多いです。

そして双子と聞くと一卵性か二卵性のどちらかというイメージが強いと思いますが、双子には種類があります。
DDツイン・MDツイン・MMツイン
簡単に言うと胎盤と部屋の数の違いで、タイプによってリスクの高さも変わります。

私も双子を妊娠して初めて知りました。
あとバニンシングツインとか。

私はMDツインで、胎盤が一つでお部屋(羊膜)は別々のちょっとリスクの高いタイプでした。
それでもなんとか管理入院なしで出産を迎えることができました。
5ヶ月から絶対安静と言われ続け、毎週頸管チェックを受けさせられ、管理入院を勧められていましたが。。。

毎週の頸管チェックは体力的にも厳しかったですが、上の子もいたのでなるべく管理入院は避けたかったのでドキドキしながら検査を受けていました。

私の選んだ病院では、経産婦の場合は条件が整えば自然分娩も選ばせてもらえる病院でした。
自然分娩についてのリスクも説明されたし、帝王切開を勧められてるんだろうなという圧力!?(笑)も感じてはいましたが、3度目の出産だし切りたくないという思いが強くて自然分娩を選ばせてもらいました。

上の子たちがお世話になった産院では双子出産はリスクが高いからNICUのある病院でということで、近くの総合病院二つのうちどちらか好きな方に紹介すると言われて、距離だけで選びました。
何も調べなかった私も悪いですが、後々知ったのが、もう一つの病院は絶対に帝王切開、そして32週からは管理入院必須ということで、全く異なる出産だったなと。
息子がお世話になっている病院で、病院にも慣れているから最初はそちらを選ぼうと思っていたから危なかった!

結果オーライでしたが、病院によってそこまで違うなんて当時は思ってもいませんでした。
産院での出産がとても良かったので、そういう観念が無かったのかもしれません。
先生には、きっと知ってただろうから教えてよー!!とは思いましたが(笑)

産院選びも大切ですね。
私の話となってしまいましたが、双子ちゃんは妊娠中からハイリスクでママさん頑張っています。

もちろん双子ちゃんじゃなくても、妊婦さんは体も重たくなるし、自分の思うようにだけで動けなかったり、病気じゃないと言われるけど、病気よりも大変かもしれないですよね!
自分の命の他に、もう一人の命を育てているのですから。
つわりが重かったり、切迫だったり、妊婦さん特有の症状だったり。。。
みんな頑張って新しい命を守っています。

元気なママさんもいれば、辛い状況のママさんも多いと思いますが、みんな元気な赤ちゃんに会うために必死で頑張ってる。
頑張ってということしかできないけど、無理はしすぎずに頑張ってもらいたいです!!


私の話に戻りますが、40週3日で自然分娩させてもらいました。
5ヶ月からずーーぅと切迫と言われていたのに双子でまさかの予定日超え。
双子は38週まで持たないと言っていたので病院もビックリ。
お産についてはまた別の記事に。


fountainphotoでは、頑張ったママさんへの最高のご褒美。
赤ちゃんの安全最優先で、ママの気持ちに寄り添うニューボーンフォト撮影を心がけています。

可愛いをもっと可愛く、思い出に残る時間と宝物となるお写真をお届けいたします。

ニューボーンフォト 撮影プラン


🌱アメブロ🌱


ニューボーンフォト埼玉
ニューボーンフォト東京
川口市・蕨市・戸田市・草加市・さいたま市など出張費無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA